ゆうじ日記|毎日ドキドキ発見ライフ

会社の売却益で悠々自適な第二の人生を満喫している40代の男です。妻と息子の三人家族で北海道に移住して5年。仕事やビジネスから離れた生き方を送ると、今までにないドキドキの発見が毎日あります。その発見や情報をジャンル問わず書いていきます。お役に立てれば嬉しいです!

忘年会の誘いをうまく断る方法17選!

12月、街はクリスマスの雰囲気に包まれ、
多くの人は楽しみながら年の瀬を迎える準備をします。

しかし、社会人にとって、
この時期の大きなイベントといえば「忘年会」。

でも正直、参加したくない場面も…。
そんなとき、スマートに断る方法、知りたくないですか?

昨年も、会社の同僚から
「今年の忘年会、来るよね?」という誘いが。

しかし、その日は既に別の予定が入っていて、
出席できるわけではありません。

ただ、断るのが難しい…。

そんな時、どういう言い回しをすれば、
相手を傷つけずに断れるのだろうか。

この悩み、私だけではないはず。

忘年会の誘いは、楽しい反面、断るのが難しく、
どうしても気を使ってしまうものですよね。


そんな悩みを解決します。

結論から言うと

「相手の気持ちを尊重しつつ、自分の都合を伝える」

ことが大切です。

具体的な断り方を書いてみました。


■事前の予定を伝える

「その日はすでに予定が入っていて…。
ごめんなさい」

と伝えることで、既存の予定との
兼ね合いを示すことができます。

事前に確定している予定は変更が難しいもの。
相手もその事情を理解してくれることが多いです。


■感謝の意を伝える

「誘ってくれてありがとう。
でも、ちょっと難しいんだ」

と言うことで、まず感謝の気持ちを伝えることで、
断っているにも関わらず感謝していることを
伝えることができます。


■体調不良を伝える

「最近体調を崩していて、
少し休むことになりそう」

健康を第一に考えるのは当然。
誘ってくれた人も、体調を優先してくれと
理解してくれるでしょう。


■家族との約束

「家族との約束があって、
参加できないんだ」

家族との時間も非常に大切。

特に子供や高齢の親がいる場合は、
その理由を伝えれば理解されやすいです。


■早朝の予定を持つ

「翌日早朝からの予定があって、
早めに休む予定なんだ」

体調管理も含め、早起きの予定があると、
前夜遅くまでの参加は避けたいものです。


■●●の勉強中

「実は、●●の勉強をしていて、
その時間を確保したいんだ」

自己成長のための努力は、
多くの人が尊重してくれるはず。


■運転手役での約束

「友人との移動で運転手役を
引き受けたんだ」

と伝えれば、飲酒する場を
避ける理由として十分納得されます。


■最近の飲み会過多

「最近、飲み会が続いていて、
体を休めたいんだ」

健康のために、適度な休息も必要ですね。


■仕事の残業予定

「その日は仕事の残業が入る予定で…」

忙しい仕事の都合も、もちろんのこと、
理由としてアリです。


■ペットの世話

「その日、家族が外出でペットの世話があるので
早めに帰宅したいんだ」

ペットを家に置いての
長時間の外出は心配ですからね。


■次の日の旅行

「翌日、早朝からの旅行があるんだ」

旅行前の準備や早起きを考慮すると、
前日は休息が必要。


■趣味の活動

「実は、趣味のサークル活動があって」

趣味を大切にすることも
充実した日常の一部。


■友人との再会

「久しぶりに友人と会う約束をしていて」

大切な友人との時間も、
予定として優先したいものです。


■家の修理予定

「家の修理が入っていて、
その立ち合いが必要なんだ」

家の問題は待たせることができません。


■無理に飲むと体調不良

「最近、飲むと体調を
崩すことがあるんだ」

健康を守るための選択は大切です。


■アルコールを控えている

「実は、アルコールを
控えている期間なんだ」

健康のためや、特定の理由での
断酒は理解されるはず。

 

これらの断り方は、都合を伝えつつ、
相手に理解してもらいやすい内容となっています。

 

もちろん、正直かつ適切なタイミングで
伝えることが大切です。

 

私たちの日常は様々な予定や思いが詰まっています。

その中で、相手を思いやりながら、自分の意思を
しっかりと伝えることは大切ですね。